二日酔い

しじみを活用した料理

日本人の心ともいえる料理、それが「お味噌汁」です。
味噌汁に入れる具材と言えば、ニンジン、大根、しいたけ…など様々なバリエーションが考えられますが、それらに負けずに使われている、古くからの食材が、「しじみ」です。

しじみを使った料理というものは多くありますが、まだまだしじみが持っている効能についてはまだ広く知られてはいないでしょう。
どんな料理の活用方法があるでしょうか。
また、どんな風に料理すればしじみの栄養をより効果的に摂取することができるでしょうか。
おなじみのシジミを使ったお味噌汁があります。

味噌との相性が良いことは周知の事実ですが、豆乳とあわせることによってよりおいしい味噌汁ができます。
ちなみにどんな料理でもそうですが、しじみはそのまま料理に用いるのではなく、最初に砂をはかせなければなりません。
そのために、まずしじみをよく洗い、塩水につけておく必要があるのです。
これにより不要な砂がしじみから取り除かれます。

砂をはかせたら、大きめの鍋に水としじみを入れて、沸騰させるまで水を熱します。
沸騰したら、だしとして鰹節を入れ弱火にし、貝の口が開くまで待ちます。
そのあとは、熱しすぎないよう豆乳、みそを入れ混ぜると完成です。

このページの先頭へ